シミ予防に日焼け止めを使うのは夏だけでいい?

最近は若い頃から日焼けをすることは身体にとってデメリットでしかないことが認知されているため、日差しの強い季節になると日焼け止めを塗るのが当たり前になってますよね。

 

でも、実は夏だけでなく冬であっても紫外線対策が必要だって知ってましたか?

 

紫外線にはいくつかの種類があって、夏場に強く降り注ぐタイプのものと、冬でも常に放出され続けているものがあるため、寒い季節であってもUV対策が重要なのです。

 

そこで、紫外線の種類やそれぞれの特徴、肌への影響などについて詳しく解説しますので、シミ予防を望んでいる方は参考にしてみて下さい。

1年中降り注いでシミの原因になる紫外線について

紫外線は太陽から降り注ぐ強い光といったイメージくらいしか無いと思いますが、実はA、B、Cという3つ種類があります。

 

  • A波:1年中降り注ぎシミやしわの原因になる
  • B波:夏の強い日差しで火傷のような日焼けの原因になる
  • C波:超有害だけどオゾン層によって守られているために地上まで届かない

 

多くの方が日焼けといと真っ赤に焼けるB波を思い浮かべるのですが、実は冬や曇っていて日差しがでていないときでも、A波という紫外線は地上に降り注いでいます。

 

このA波はB波と違って肌がじりじりと焼けるような感じがしないのですが、肌の深い部分にまで届いて、徐々に皮膚の細胞を変質させていくのです。

 

B波は刺激が強いものの障害物を通り抜けることができないので、日傘やガラスなどによって跳ね返されるため比較的対策が練りやすいのです。

 

でも、A波はガラスや雲などを突き抜けてくるため、部屋や車の中などいろいろなところで少しずつダメージを蓄積させてしまうのです。

可能なら一年中日焼け止めを使おう

このように、あまり知られていないものの紫外線のうち、将来シミやしわの原因となるものは年中私たちの肌に働きかけているため、美肌を徹底して保持するのであれば日焼け止めを一年中使用するのが望ましいのです。

 

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、40代以降になって紫外線A波の影響がジワジワと表面化してその時にはもう遅いということも多いので、今からしっかりとUV対策を実践した方が長期的にみると手間は少ないと言えるのかもしれません。

 

長時間外出するときはもちろん、ランチやお買い物などで外の光がたくさん入るような環境に身を置く場合は日焼け止めを使うようにしてみて下さい。