脇が黒いのが気になって薄着がイヤ

女性なら脇の脱毛などをしている方が多いので、自分の脇の下を見る機会があると思いますが、築かないうちに脇の下が黒ずんでいたりすることがあります。

 

特に冬場はあまり気にしないので、いつの間にか黒くなっていて、夏になって薄着になり始めてから気付いたなんて方も多いのです。

 

ムダ毛だったら簡単に処理することはできるのでまだいいのですが、色素沈着している場合は1日2日では対処することができません。

 

だから、薄着になる季節になる前に自分の脇の下をじっくりと観察して色素沈着などがないか確認して必要に応じて対策をする必要があるのです。

脇が黒い原因は何?

脇が黒くなっていた場合は対策が必要になりますが、そもそもどうして黒くなってしまうのでしょうか?

 

主な原因としては

 

  • 埋没毛
  • 毛穴の黒ずみ
  • 色素沈着

 

埋没毛はムダ毛の自己処理などをした時に、毛穴の中にある毛を処理できずに残ってしまったもので、毛穴が多い方ほど埋没毛によって黒っぽく見えてしまいます。

 

次に毛穴野中が黒ずんでしまっていることがあります。

 

これは、ムダ毛の自分で処理したりすると、カミソリなどで皮膚が削られて乾燥しやすくなり、結果的に皮膚のターンオーバーが乱れて毛穴が詰まりやすくなってしまうことが原因です。

 

古い角質が残って皮脂と合わさったものが毛穴に詰まると、時間の経過とともに皮脂が酸化して黒っぽくなっていくため黒く見えてしまうのです。

 

最後に色素遅着ですが、これはムダ毛を自分で剃ったりして皮膚が炎症を起こすことでメラニン色素を発生させてしまって黒くなるのです。

 

炎症で黒くなると言われてもピンとこないかもしれませんが、皮膚は摩擦などで炎症を起こすとメラニン色素を発生させる性質があるのです。

 

だから、脇に限らず体を洗う時に擦りすぎたり、締め付けの強い服などによっても色素沈着を引き起こしてしまうのです。

脇の黒ずみを改善するには?

脇の色素沈着を予防するには、自分でムダ毛の処理をしないようにする、つまりエステなどに行ってプロにお願いしましょう。

 

そうすることで皮膚の炎症による黒ずみや埋没毛、乾燥によるターンオーバーの乱れなどもある程度防ぐことができるのです。

 

ではすでに色素沈着してしまった場合はどうしたらいいでしょうか?

 

そんなときは顔などのスキンケアと同じように、保湿をしっかりとしてターンオーバーを改善するためのケアをすることが大切です。

 

詳しくは⇒脇の下の黒ずみの原因と対策

 

普段は見えないところなので顔と同じようにケアするのは面倒な気がするかもしれませんが、夏場は人目に付く場所なのですから同じようにケアして綺麗にしておくことも忘れてはいけません。